金は最低限でいいから、自由な時間がたくさん欲しい

僕は、金は最低限で十分だから、なるべく自由に使える時間を確保していく方針で生活している。

理由は、楽しく生きるのにそこまで多くの金は必要ない一方で、自由な時間はたっぷり必要だからだ。

楽しく生きるのに多くの金は必要ない

僕の場合、必要十分な衣食住+趣味を含めて、年間で多く見積もっても150万円あれば十分で、それ以上の金があっても幸福度は変わらない(実体験済み)。むしろ生活を維持するために必要な仕事量が増えて幸福度が下がる。

広い家より1Kで巣のように過ごすほうが好きだから家賃は安い。

1000円以上使う外食の幸福度を10としたら、300円の食材費で自炊して食べる美味い飯の幸福度も8は行く。それに毎日外食は飽きるし面倒くさい。家で誰にも気兼ねせずのんびり食べたい。

車はいらない。いま車を持っていないのは、金が掛かるという理由以上に、単純に持ちたくないからだ。あると便利に感じる場面はあるものの、車みたいな大きくてメンテナンスも必要な物を持つのがシンプルに面倒くさい。あと人身事故を起こすリスクも怖い。

服はユニクロと無印が9割。モノトーンの無地な安い服を少数持ち、2年に1回ほどの頻度で買い替える運用がシックリくる。

趣味は、読書したり、ブログを書いたり、動画を作ったり、ゲームをしたり、アマゾンプライムで映画やアニメを観たり、公園を散歩したり。やりたいけど金を理由に我慢している趣味は特にない。

ということで、僕の場合、楽しく生きるのにそれほど多くの金は必要ない。

楽しく生きるのに自由な時間はたっぷり必要

一方で、楽しく生きるのに自由な時間はたっぷり必要だ。

上述のように、僕の楽しみは読書、ブログ・動画発信、ゲーム、映画やアニメ鑑賞、散歩など。

本を読むのは時間がかかる。分厚い小説を1冊読むには10時間かかる。難しい本の場合、1日1時間が集中力の限界で、2週間以上に渡って読み進めたりもする。

ブログを書くのにも時間がかかる。今回の記事は書く前に1時間掛けて構成を練っている。そしてその構成通りに書くつもりが、書いてる間に「こういう構成のほうがいいかも」とか思っちゃったりする。で、構成から作り直したりしている間に、ここまでの文章を書くまでに既に2時間は掛かっている。

最低でも1記事に1時間、長ければ5時間。場合によっては5時間使って書いた後の推敲中に「書きたいことを書けていない」と判断して没にすることもある。

動画発信はもっと時間がかかる。トーク系の動画の場合、ブログを元ネタにしつつ、喋り用にチューニングした台本をまず作る。そして撮影しながら喋って、編集して、見返して、YouTubeにアップして公開設定している間に平気で5時間は過ぎる。

vlog動画なら1日かかる。vlogは編集が大変。ほぼカット編集しかしていないクセに、毎回「これは果てしない作業だぞ……」みたいに感じる。

ゲームはRPGみたいな世界観に没頭できるタイプが好きなので、1つのゲームを味わうのに平均50時間は必要。

映画やアニメも膨大な数をサブスクで観れるので、観たい作品が山のようにある。

ということで、楽しく生きていくために、金と違って時間はたっぷり必要だ。

おわりに

ということで、金は最低限でいいから自由な時間をなるべく多く確保していく方針で今の僕は生きている。

金に対する不安が全くのゼロというわけではない。でも、どうせいつか死ぬんだし、死んだら全て終わりだし、なら自由に好きに生きるしかないよね、なんて開き直りも手伝っている。

その結果、10年後に破産して人生が立ち行かなくなっても、それはそれでアリかなぐらいに開き直ってる。なんというか、良い意味で人生なんてどうでもいい。自分の人生に対するガードを下げた。死ぬまでの遊び。そのぐらいに思ってる。