11月の最終日。札幌は地面に雪が薄っすら積もった。

埼玉から札幌へ移住してきて、11ヶ月が経過した。あと1か月で1年が経つ。

そんな僕は現在、11月の札幌を初めて体験しているのだけど、とにかく寒い。11月の上旬から既に東京で言うところの真冬並みに寒い。

真冬の札幌の寒さは覚悟して移住したものの、11月の寒さは盲点だった。毎日部屋の中で、雪山にでも登るかのような厚着をしながら震えている。

「この分だと札幌の真冬に突入したら凍死するかもしれない。屋内でテント生活でもしようかな。でもテントを買うお金がもったいないし、邪魔になりそうだな。どうしようかな。お金欲しいな」

なんてうだうだ考えつつ、動くのが面倒くさいので毎日部屋でゴロゴロとワールドカップを観たり読書したりゲームをしている間に、あっという間に11月の最終日である30日になっていた。

そして本日、いよいよ東京の真冬並みを超えてきた。まだテントを買っていないのに。

雪も降った。雪自体は10日ぐらい前にも少し降ったけど、地面に薄っすらとでも積もったのは今日が初めてだ。

f:id:yuki-kei:20221130223518j:image

雪で白くなっていない箇所は凍っていてツルツルに滑る。

ドッサリと積もってる状況よりも滑って歩きにくくて大変だったけど、どうしてもセイコーマートへ行きたい用事があったので頑張って歩いた。ペンギンみたいなヨチヨチ歩きをしながらセイコーマートへ行き、ソフトクリームを買ってきた。

 

本日ただいまの気温は-4℃。天気予報によると、明日以降の最低気温は-5℃前後。最高気温も氷点下の日が多い。

まだ札幌の真冬とまではいかないものの、準真冬と言える気温だ。0.8真冬ぐらい。

「やばい。東京の真冬並みですら寒さで震えてた俺はきっと凍死する」と焦っちゃったのだけど、でも意外なことに、室温は東京の真冬期とほぼ変わらないんだよね。すげえや。

外の気温は今日からいきなり5℃ぐらい下がったけど、部屋の中は1℃下がっただけ。13℃。さすが雪国のマンションだ。二重窓の効果だと思う。

この分だと、今年の札幌の真冬もどうにか乗り越えられそうだな。テントも必要ないかもしれない。

でもレジャーとしてキャンプしたい気持ちはある。外でキャンプするのは面倒くさいし怖いので、家の中のテントの中の寝袋にくるまりながら、音楽を薄っすらと流しながらコーヒーを飲みながら読書に耽る。最高だと思う。そういう些細で平和な日常の楽しみが、人生に潤いを与えてくれる。以上です。